物集 高量(読み)モズメ タカカズ

20世紀日本人名事典の解説

物集 高量
モズメ タカカズ

大正・昭和期の国史学者



生年
明治12(1879)年4月3日

没年
昭和60(1985)年10月25日

出生地
東京・神田

別名
筆名=物集 悟水

学歴〔年〕
東京帝大文学部史学科〔明治38年〕卒

主な受賞名〔年〕
人間文化賞(東京作家クラブ)〔昭和51年〕

経歴
高名な国文学者で東京帝大教授だった高見の長男として生まれた。明治38年東京帝大を卒業した翌年、第1回東京朝日新聞の懸賞小説に物集悟水のペンネームで「罪の命」を応募当選。同紙記者、教員などを経て、父親と協力し「群書索引」「広文庫」を編集、出版。父親の死後、全国を行脚し、1万6百組を図書館や研究室に納めた。百歳を超えても著作活動に意欲を見せ「百歳は折り返し点」「百三歳、本日も晴天なり」などを出版した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android