特別地域気象観測所(読み)とくべつちいききしょうかんそくじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特別地域気象観測所
とくべつちいききしょうかんそくじょ

無人化された測候所に自動観測システム(地上気象観測装置)を整備し観測する施設。アメダスの観測要素(降水量,気温,風向・風速,日照時間,一部で積雪の深さ)に加え,気圧や湿度なども自動で観測する地上気象観測装置を整備し,データを送信している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特別地域気象観測所の関連情報