特定有害活動(読み)トクテイユウガイカツドウ

デジタル大辞泉「特定有害活動」の解説

とくてい‐ゆうがいかつどう〔‐イウガイクワツドウ〕【特定有害活動】

国の安全保障上秘匿すべき情報を入手しようとしたり、生物化学兵器の開発・製造・使用等に関連する物資を輸出入しようとする活動で、外国利益を図る目的で行われ、国や国民の安全を著しく害すおそれのあるものをいう。特定秘密保護法規定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android