コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特殊的生産要素理論 とくしゅてきせいさんようそりろん theory of specific factors of production

1件 の用語解説(特殊的生産要素理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特殊的生産要素理論
とくしゅてきせいさんようそりろん
theory of specific factors of production

D.リカード比較生産費原理の発生原因を一層深化させた形で R.F.ハロッドにより提唱された理論。生産要素には各国の特殊性,すなわち,(1) 天然資源,気候,(2) 人口差,(3) 人間の能力差,(4) 政治・社会構造の差,(5) 過去の遺産の差があり,国際間の生産要素移動ができないばかりでなく,国内の産業間移動も困難であること,またある産業に熟練している者が他産業でも有能とはいえないことをあげ,このような場合には従来の生産要素賦存比率理論は修正されるとするもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特殊的生産要素理論の関連キーワード自由貿易生産費説比較生産費説比較生理学比較優位説ミニSDメモリーカードエブリカード経済学および課税の原理比較生産性出入国管理カード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone