コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生産要素賦存比率理論(読み)せいさんようそふぞんひりつりろん(英語表記)theory of factor proportion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生産要素賦存比率理論
せいさんようそふぞんひりつりろん
theory of factor proportion

資本と労働の賦存量の比率で比較生産費差を求め,比較優位や貿易パターンを求めようとする考え方。ある製品の相対価格が上昇すればその製品が増産され,その産業で集約的に使用されている生産要素が他要素よりも多く必要となり,その生産要素の相対価格は上昇する。一方で生産要素相対価格と生産要素集約度の間にも,ある生産要素相対価格が上昇すれば,その生産要素の集約度を押えて生産費の上昇を防ごうとする関係がある。以上のことを逆に追っていけば生産要素賦存比率で各産業の生産要素集約度の範囲が決り,生産要素相対価格,製品価格の範囲が決るので,比較生産費差が生じるのである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android