コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特異的被刺激性の法則 law of specific irritability

法則の辞典の解説

特異的被刺激性の法則【law of specific irritability】

提唱者の名にちなんでミュラーの法則*と呼ばれることもある.視覚聴覚,味覚,嗅覚触覚などの各神経は,それぞれある特定のエネルギー型に反応する感覚器官を通じて興奮し,その興奮は機械的なものか電気的なものかにかかわらず,それぞれ単一の感覚様式を起こすのみである.この質は末梢受容器(網膜内耳味蕾など)がとらえた興奮が伝達される皮質中枢の局在と関係がある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

特異的被刺激性の法則の関連キーワード特異的神経エネルギーの法則特異感覚エネルギーの法則特異的エネルギーの法則特殊感覚勢力の法則特殊活力の法則ミュラー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android