コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特異的被刺激性の法則 law of specific irritability

1件 の用語解説(特異的被刺激性の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

特異的被刺激性の法則【law of specific irritability】

提唱者の名にちなんでミュラーの法則*呼ばれることもある.視覚,聴覚,味覚,嗅覚,触覚などの各神経は,それぞれある特定のエネルギー型に反応する感覚器官を通じて興奮し,その興奮は機械的なものか電気的なものかにかかわらず,それぞれ単一の感覚様式を起こすのみである.この質は末梢受容器(網膜,内耳,味蕾など)がとらえた興奮が伝達される皮質中枢の局在と関係がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特異的被刺激性の法則の関連キーワードケプラーの法則ミュラー管国名重量の法則シュライダーの法則ステノ‐スミスの法則パローの法則ミュラーの法則(生物学)ミュラーの法則(生理学)ミュラー‐ヘッケルの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone