特許法上の発明

産学連携キーワード辞典「特許法上の発明」の解説

特許法上の発明

「特許法上の発明」とは、特許法第2条第1項において「自然法則を利用した技術的思想創作うち高度なもの」が保護対象となるとされていることを指す。これらの条件を満たさない発明は特許権を得ることができない。また、これ以外に、産業上の利用可能性を有していること、新規性を有していること、その技術範囲内で進歩性があること、公序良俗に反していないこと、などが特許権付与の条件となっている。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android