コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬莧 イヌビユ

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐びゆ【犬×莧】

ヒユ科の一年草道端にみられ、高さ約30センチ。全体に柔らかく、葉はひし状卵形。夏から秋、緑色小花穂状につける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬびゆ【犬莧】

ヒユ科の一年草。路傍に普通に見られる雑草。高さ30センチメートル 内外。葉は菱形状卵形で、互生。夏、茎の先と葉腋ようえきから緑色の花穂を出す。ノビユ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

犬莧 (イヌビユ)

学名:Amaranthus lividus
植物。ヒユ科の一年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

犬莧の関連キーワード葉腋互生

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android