コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犯罪の場 ハンザイノバ

デジタル大辞泉の解説

はんざいのば【犯罪の場】

飛鳥高の推理小説。昭和21年(1946)「宝石」誌の懸賞で入選となった、著者のデビュー作。昭和22年(1947)に同誌に掲載。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

犯罪の場の関連キーワード裁判員裁判対象事件公務中と公務外精液の証明国会議員緊急避難公判請求議員特権刑罰刑法訴因従犯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android