吾北(読み)ごほく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吾北
ごほく

高知県中部,仁淀川の支流上八川川 (かみやかわがわ) 流域の地区。旧村名。 1956年清水 (きよみず) ,上八川,小川 (こがわ) ,下八川の4村が合体して成立。 2004年 10月本川村,伊野町と合併し,いの町となる。林業のほか,畜産,施設園芸などの農業が行なわれる。上八川には,吉野川の分水による発電所がある。東部は工石山陣ヶ森県立自然公園に属する。中央集落の土居付近で高知市と西条市 (愛媛県) を結ぶ国道 194号線と,県下東西を結ぶ国道 439号線が交差する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吾北
ごほく

高知県中央部、吾川(あがわ)郡にあった旧村名(吾北村(そん))。現在はいの町の中央部を占める地域。2004年(平成16)伊野(いの)町、本川(ほんがわ)村と合併、いの町となる。旧村域は、仁淀(によど)川の支流上八川(かみやかわ)川流域に位置し、国道194号、439号が通じる。林野率が約90%で産業は林業が中心。用材のほかクワ、コウゾの栽培が盛んで、江戸時代から明治にかけて仁淀川水運によって伊野へ搬出し、大正期までは村内でも和紙生産が行われた。近年、和牛の飼育も盛んで、子牛の繁殖飼育が行われていて、スイカ、シシトウやイチゴなどの施設園芸も行われている。現在は国道194号によって高知市と結ばれ、通勤者が増加している。上八川川上流の柿薮(かきやぶ)にあるヤブツバキは県指定天然記念物。[正木久仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吾北の関連情報