コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥高 アスカタカシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥高 あすか-たかし

1921- 昭和後期-平成時代の推理作家。
大正10年2月12日生まれ。清水建設の技術研究所長,技術本部長などをつとめる。昭和21年「犯罪の場」が雑誌「宝石」の懸賞入選作となり,文壇デビュー。37年「細い赤い糸」で日本探偵作家クラブ賞。山口県出身。東京帝大卒。本名は烏田専右(からすだ-せんすけ)。作品に「疑惑の夜」「青いリボンの誘惑」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛鳥高
あすかたかし
(1921― )

推理作家。本名烏田専右(からすだせんすけ)。山口県生まれ。東京大学工学部卒業。建築会社の研究所に勤務するかたわら、1947年(昭和22)『宝石』に処女作『犯罪の場』を発表。以降、機械的トリックや密室といった本格物のテーマに挑戦した作品が多い。一見独立した四つの事件を並列して最後に1本の糸で連結した代表作『細い赤い糸』(1961)により1962年度の日本探偵作家クラブ賞を受賞した。[厚木 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

飛鳥高の関連キーワード小泉美果厚木

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛鳥高の関連情報