コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悲しき玩具 かなしきがんぐ

5件 の用語解説(悲しき玩具の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

悲しき玩具
かなしきがんぐ

石川啄木の第2歌集。 1912年刊。生活苦にあえぐ青春の哀歓を清新なうたいくちに乗せ,短歌史上不朽の作品集となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かなしきがんぐ〔かなしきグワング〕【悲しき玩具】

石川啄木(いしかわたくぼく)の第2歌集。明治45年(1912)刊。晩年の194首と歌論2編を収める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

悲しき玩具【かなしきがんぐ】

石川啄木の第2歌集。1912年,没後に刊行。《一握の砂》以後の194首と歌論2編を収める。1首3行書き。平易な言葉で,閉ざされた時代に生きるものの切迫した生活感情を歌いあげ,明治末期の詩的精神を代表する作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かなしきがんぐ【悲しき玩具】

歌集。石川啄木作。死後、1912年(明治45)土岐哀果の手で刊行。第二歌集。処女歌集「一握の砂」の三行書きを踏襲し、切迫した生活感情がうたわれている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

悲しき玩具
かなしきがんぐ

石川啄木(たくぼく)の第二歌集。1912年(明治45)東雲堂書店刊。書名は友人の土岐哀果(ときあいか)(善麿(ぜんまろ))が命名。内容は東京時代の作品194首が三行書きで収められ、ほかに「一利己主義者と友人との対話」「歌のいろいろ」の歌論を収録。代表作には「新しき明日(あす)の来るを信ずといふ/自分の言葉に/嘘(うそ)はなけれど――」など、時代に先駆けした文学者のおもかげを伝えるものや、「胸いたみ、/春の霙(みぞれ)の降る日なり。/薬に噎(む)せて、伏して眼(め)をとづ。」など、啄木最終期の生活を直截(ちょくせつ)に表現したものが多い。夭折(ようせつ)した天才の灰色の生活と思想の記録として短歌史上不朽の生命をもち、その生活に即した独自の歌風は大正以後の歌壇に影響を与えた。[岩城之徳]
『『一握の砂・悲しき玩具』(講談社文庫・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悲しき玩具の関連キーワード十三代集勅撰和歌集二十一代集歌集私撰和歌集十代集小学唱歌集新撰和歌集万代和歌集類題和歌集

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

悲しき玩具の関連情報