狂言浄瑠璃(読み)キョウゲンジョウルリ

精選版 日本国語大辞典の解説

きょうげん‐じょうるり キャウゲンジャウルリ【狂言浄瑠璃】

〘名〙 江戸の歌舞伎狂言の中で演じられる豊後三流(常磐津、富本、清元)による所作事浄瑠璃。宝暦(一七五一‐六四)以後の通し狂言には必ず一~二幕これらの浄瑠璃が、舞台で語られた。またこの浄瑠璃で演ずる所作事をいう。浄瑠璃所作事。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の狂言浄瑠璃の言及

【歌舞伎舞踊】より

…次の享保から宝暦期(1716‐64)に女方舞踊全盛期を迎え,石橋(しやつきよう)物,道成寺物の名作が生まれる。宝暦以後,豊後系浄瑠璃〈常磐津,富本〉などの発達とともに天明期(1781‐89)に〈狂言浄瑠璃〉といわれる舞踊劇が完成する。やがて文化・文政期(1804‐30)から幕末にかけては〈変化(へんげ)物〉流行の時代。…

※「狂言浄瑠璃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報