コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂言浄瑠璃 キョウゲンジョウルリ

2件 の用語解説(狂言浄瑠璃の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうげん‐じょうるり〔キヤウゲンジヤウルリ〕【狂言浄瑠璃】

歌舞伎狂言の劇中で演じられる常磐津(ときわず)清元などの浄瑠璃による所作事(しょさごと)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょうげんじょうるり【狂言浄瑠璃】

歌舞伎脚本で、清元・常磐津ときわずなどの浄瑠璃を使った場面がある作品。
浄瑠璃を地とする歌舞伎舞踊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の狂言浄瑠璃の言及

【歌舞伎舞踊】より

…次の享保から宝暦期(1716‐64)に女方舞踊全盛期を迎え,石橋(しやつきよう)物,道成寺物の名作が生まれる。宝暦以後,豊後系浄瑠璃〈常磐津,富本〉などの発達とともに天明期(1781‐89)に〈狂言浄瑠璃〉といわれる舞踊劇が完成する。やがて文化・文政期(1804‐30)から幕末にかけては〈変化(へんげ)物〉流行の時代。…

※「狂言浄瑠璃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

狂言浄瑠璃の関連キーワード歌舞伎狂言歌舞伎浄瑠璃狂言師島原狂言常磐津離れ狂言前狂言活歴劇三世相錦繍文章曽我の対面

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone