コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狛光季 こまの みつすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狛光季 こまの-みつすえ

1025-1112 平安時代中期-後期の雅楽家。
万寿2年生まれ。狛則高(のりたか)の子。奈良方。父に秘曲をまなび,約40年間左舞(さまい)の一者(いちのもの)をつとめた。堀河天皇に信任され,その前でしばしば舞ったという。野田流上(うえ)家の祖。左近将監(しょうげん)。天永3年10月22日死去。88歳。号は野田判官。名は光末ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

狛光季の関連キーワード大鏡シュリービジャヤコンスタンチヌス8世バシリウス2世藤原嬉子ボレスワフ1世(勇敢王)大鏡バシレイオス[2世]ビザンティン帝国鶴林寺

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone