コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野一信 かのう

美術人名辞典の解説

狩野一信

幕末の狩野派の画家。号は顕幽斎。初め土佐四条、後狩野素川に師事する。諸派の長を斟酌し一家を成した。仏画に秀で、作品に成田山不動堂の天井の龍・壁の釈迦三尊十大弟子や、五百羅漢図等がある。文久3年(1863)歿、48才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野一信 かのう-かずのぶ

1816-1863 江戸時代後期の画家。
文化13年生まれ。江戸の人。狩野素川の門人。仏画を研究し,成田山不動堂の天井に竜・天人,壁に釈迦三尊などをえがき法橋(ほっきょう)となる。五百羅漢をえがいた100幅が,増上寺におさめられている。文久3年9月23日死去。48歳。本姓は逸見。通称は豊次郎。号は顕幽斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

狩野一信の関連キーワード松本そめ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狩野一信の関連情報