コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野寿石 かのう じゅせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野寿石 かのう-じゅせき

1639-1718 江戸時代前期-中期の画家。
寛永16年生まれ。狩野信政の長男。浅草猿屋町代地狩野家をつぐ。江戸城本丸や御所の障壁画制作に参加。また朝鮮への贈呈屏風の制作も手がけた。享保(きょうほう)3年7月17日死去。80歳。名は敦信,秀信。通称は外記

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野寿石の関連キーワード安保理決議1695と1718宮津鎖国モレホン松花堂昭乗モレホン会津騒動マドラス鎖国松花堂昭乗

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android