コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野信政(読み)かのう のぶまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野信政 かのう-のぶまさ

1607-1658 江戸時代前期の画家。
慶長12年生まれ。狩野祖酉(そゆう)の長男。狩野孝信娘婿,のち探幽の娘婿となる。東福門院御用絵師をつとめ,代表作に聖衆来迎寺客殿の障壁画がある。明暦4年4月15日死去。52歳。通称は外記。号は素川。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

狩野信政

没年:万治1.4.15(1658.5.17)
生年慶長12(1607)
江戸前期の画家。狩野祖酋秀信の嫡子で狩野探幽の門人。号は素川,通称を外記といい,はじめ狩野孝信の娘を妻とし,のち狩野探幽の娘を後妻に迎えた。東福門院の御用絵師として活躍。知恩院方丈や聖聚来迎寺の客殿襖画など画跡が遺る。

(星野鈴)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android