コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野憲信 かのう のりのぶ

美術人名辞典の解説

狩野憲信

江戸中期の画家。中橋狩野家十世。主信の長男。初名は季信、通称は四郎次郎、号は永信・永真。父を嗣いで幕府の絵師となる。享保16年(1731)歿、40才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野憲信 かのう-のりのぶ

1692-1731 江戸時代中期の画家。
元禄(げんろく)5年11月2日生まれ。狩野主信(もりのぶ)の長男。父の跡をうけて中橋狩野家をつぐ。宝永6年(1709)御所の障壁画を,享保(きょうほう)4年朝鮮への贈呈屏風をえがいた。享保16年9月17日死去。40歳。号は祐盛,永真。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

狩野憲信の関連キーワード山尾鶴軒

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android