コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野敏 かのう びん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野敏 かのう-びん

1901-1981 昭和時代の国家主義者。
明治34年4月1日生まれ。大川周明に師事し,昭和6年津久井竜雄らと全日本愛国者共同闘争協議会を結成。11年以来軍部とのつながりをつよめ,また,大日本青年党評議員となる。戦後,救国国民総連合などにかかわった。昭和56年10月8日死去。80歳。静岡県出身。東洋協会大(現拓殖大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の狩野敏の言及

【行地社】より

…しかし,25年の安田生命争議や宮内省怪文書事件をきっかけに国家主義者間の大川派と北一輝派との対立が表面化すると,社内でも内訌(ないこう)がおきた。この結果,西田と満川は脱退して北の下に行き,安岡は金鶏学院の設立に向かい,笠木も満鉄大連本社に移ったため,社内には大川のほかには狩野敏らが残るだけとなった。講演会や出版活動を通して小学校教員や学生などへの働きかけも行われたが,活動の力点は,大川の古くからの人脈を利用して陸軍中央,とりわけ参謀本部の中堅将校への働きかけにおかれた。…

※「狩野敏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狩野敏の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android