会頭(読み)カイトウ

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐とう クヮイ‥【会頭】

〘名〙
① 会の中心となって指導していく人。また、会の代表者。会長。
※洒落本・無駄酸辛甘(1785)「京ウ伝が妹の黒飛式部を会頭(クイトウ)にして」
② 儒学、国学、蘭学などで輪講や会読の責任者。
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉緒方の塾風「会頭(クヮイトウ)が一人あって其会読するのを聞て居て、出来不出来に依て白玉を附けたり黒玉を付けたりする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報