大同団結(読み)ダイドウダンケツ

デジタル大辞泉の解説

だいどう‐だんけつ【大同団結】

[名](スル)複数の党派や団体が、ある目的のために、主張などの少しの違いは問題としないで力を合わせること。「大同団結して要求を勝ち取る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいどうだんけつ【大同団結】

広くは分立する諸党派小異を捨てて,共通する大きな目的のために団結することをいい,このような動きは歴史上たびたびあらわれたが,狭義には1891年末に開かれる第1議会に向けて,在野諸党派が連合もしくは合しようとした動き,すなわち大同団結運動を指す。民権運動は,1884年には自由党の解党で停滞していたが,86年10月星亨,中江兆民らが発起人となり,旧自由党・改進党有志の全国有志大懇親会が開かれたのがきっかけとなり,再び活発になる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいどうだんけつ【大同団結】

( 名 ) スル
いくつかの党派や団体が共通の目的のために、小さな意見の違いにこだわらずに一つにまとまること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大同団結の関連情報