コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大同団結 ダイドウダンケツ

デジタル大辞泉の解説

だいどう‐だんけつ【大同団結】

[名](スル)複数の党派や団体が、ある目的のために、主張などの少しの違いは問題としないで力を合わせること。「大同団結して要求を勝ち取る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいどうだんけつ【大同団結】

広くは分立する諸党派小異を捨てて,共通する大きな目的のために団結することをいい,このような動きは歴史上たびたびあらわれたが,狭義には1891年末に開かれる第1議会に向けて,在野諸党派が連合もしくは合しようとした動き,すなわち大同団結運動を指す。民権運動は,1884年には自由党の解党で停滞していたが,86年10月星亨,中江兆民らが発起人となり,旧自由党・改進党有志の全国有志大懇親会が開かれたのがきっかけとなり,再び活発になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だいどうだんけつ【大同団結】

( 名 ) スル
いくつかの党派や団体が共通の目的のために、小さな意見の違いにこだわらずに一つにまとまること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大同団結の関連キーワード原水爆禁止日本協議会インドネシア国民党日本社会主義同盟テンスクワタワ中国革命同盟会日本農民組合黒田清隆内閣三重紡績会社工藤 行幹立憲自由党宇都宮平一東亜同文会大同倶楽部大同俱楽部新興芸術派後藤象二郎鈴木誠作山田泰造新協劇団近衛篤麿

大同団結の関連情報