コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野永錫 かのう えいしゃく

美術人名辞典の解説

狩野永錫

江戸後期の画家。姓は三谷、名は映信、初め徳之助、主常と称する。号は両高斎。三谷永雪の二男。永徳門人となり狩野氏を称することを許される。法橋に叙せられ、法眼に任じられる。文政5年(1822)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野永錫 かのう-えいしゃく

?-1822 江戸時代後期の画家。
天明5年(1785)狩野家に入門し,狩野の姓をゆるされる。寛政5年法眼となった。文政5年6月死去。筑後(ちくご)(福岡県)出身。本姓は三谷。名は映信。通称は徳之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android