コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野玉栄 かのう ぎょくえい

1件 の用語解説(狩野玉栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野玉栄 かのう-ぎょくえい

1730-1804 江戸時代中期の画家。
享保(きょうほう)15年生まれ。狩野休栄の子。3代狩野休伯の養子となり,下谷御徒士町(おかちまち)狩野家をつぐ。日光東照宮の装飾や朝鮮への贈呈屏風を手がけた。文化元年6月21日死去。75歳。名は在信。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

狩野玉栄の関連キーワード文化岩井半四郎江村如圭前古典派音楽高嵩谷中井竹山伊藤東所高嵩谷中井竹山中井竹山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone