コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独り舞台 ヒトリブタイ

デジタル大辞泉の解説

ひとり‐ぶたい【独り舞台】

舞台で、ただ一人の役者が演じること。独演。
芝居の中で、一人の役者の演技が際立っていること。
他の者の存在が薄くなるほど、ある一人が目立った活躍をすること。また、一人思うままに振る舞うこと。独擅場(どくせんじょう)。「試合はあの投手の独り舞台だった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとりぶたい【独り舞台】

舞台でただひとりの役者が演技すること。ひとりしばい。
何人かの出演者の中で、ある役者の演技が他を圧倒し、舞台の上でただひとりが芝居しているような感じを与えること。独壇場どくだんじよう
多くの中で、あるひとりの力がけたはずれにまさっていること。また、自分の思うままに振る舞うこと。独壇場。 「その分野とくれば彼の-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

独り舞台の関連キーワードウーピー ゴールドバーグ中村歌右衛門(3代)ムロツヨシ松本利夫独擅場分野

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独り舞台の関連情報