独住(読み)どくじゅう

精選版 日本国語大辞典の解説

どく‐じゅう ‥ヂュウ【独住】

〘名〙 ひとりで住むこと。
※吾妻鏡‐貞応二年(1223)七月九日「薬師堂谷辺有独住僧。号浄密

ひとり‐ずまい ‥ずまひ【独住】

〘名〙 寝食をともにする者のない、ひとりだけの暮らし。ひとりずみ。
※咄本・いかのぼり(1781)身投「有る長屋に、ひとり住居(スマヰ)のおとこ」

ひとり‐ずみ【独住】

※竹取(9C末‐10C初)「かぐや姫のみ御心にかかりて、ただひとりすみし給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の独住の言及

【遊行】より

…一遍没後は他阿真教が遊行上人となり,道場経営にも力を入れた。また,遊行上人が老病などのため遊行困難となると道場に隠居し(独住という),藤沢上人と号した。神奈川県藤沢市の清浄光寺(遊行寺と俗称)に独住したからである。…

※「独住」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android