寝食(読み)しんしょく

精選版 日本国語大辞典「寝食」の解説

しん‐しょく【寝食】

〘名〙 ることと食べること。転じて、日常生活で欠かせないこと。
※御堂関白記‐長和元年(1012)正月一七日「雖自本意、未遂、於思難、依可罪業、無思、然非寝食例
※俳諧・続寒菊(1780)「かれは予が宵寐(よひね)をたたきて方寸をくみしり、寐食をともにしたる人に似たり」 〔東観漢記〕

ね‐ぐい ‥ぐひ【寝食】

〘名〙 収入を得るための働きをせずに生活すること。徒食。いぐい。
夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「二三年は寝喰ひが出来ると言はれるやうな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寝食」の解説

しん‐しょく【寝食】

[名](スル)寝ることと食べること。日常生活。「寝食を共にする」
「庸三は又しても葉子の家に―することとなった」〈秋声仮装人物
[類語]生活暮らし世渡り渡世とせい処世しょせい起居生きる食べる暮らすやっていく食う口をのりする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「寝食」の解説

【寝食】しんしよく

寝と食。日常の生活。〔列子、天瑞〕杞の國に、人の、天地し、身寄する(な)きを憂へて、寢を廢するり。、彼の憂ふるを憂ふるり。

字通「寝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android