コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独占禁止政策 どくせんきんしせいさく antitrust policy

1件 の用語解説(独占禁止政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独占禁止政策
どくせんきんしせいさく
antitrust policy

カルテルトラストなどによる企業の市場独占を排し,自由公正な競争を維持することによって,経済活動の健全な発達を促すことを目的とする政策。経済的強者による経済的弱者の支配,圧迫そして経済活動の制限は,自由競争の原則に反し,国民経済全体の利益からも,また消費者の立場からも有害であるとする理念から行われるもので,反独占立法としてはアメリカシャーマン反トラスト法 (1890) ,クレイトン法 (1914) ,ドイツカルテル命令 (23) ,イギリスの独占および制限慣行法 (48) などである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

独占禁止政策の関連キーワード市場志向の企業価格カルテル合理化カルテルシャーマン反トラスト法トラスト不況カルテル需要カルテル闇カルテル輸出カルテルマリンホース国際カルテル事件

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone