コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独墺学派 どくおうがくは deutsch-östreichische Schule

1件 の用語解説(独墺学派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

独墺学派
どくおうがくは
deutsch-östreichische Schule

B.ボルツァーノを先駆者とし,F.ブレンターノを始祖とする学派で,19世紀後半より 20世紀にかけて活動した。ブレンターノ学派とも呼ばれるブレンターノは哲学および論理学の基礎を心理学に求め,記述心理学的方法を提唱したが,彼の弟子たちはこのような思想を発展させ,当時隆盛であった新カント派に対抗した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の独墺学派の言及

【ブレンターノ】より

…ビュルツブルク大学助教授,ウィーン大学教授を歴任した。ドイツ・オーストリア学派(独墺学派,ブレンターノ学派とも呼ばれる)の指導者で,その門下からは心理学者シュトゥンプ,言語哲学者マルティ,対象論のマイノング,現象学のフッサールらが輩出した。1864年にカトリックの司祭となったが,教皇不可謬説などに反対して,1873年に教会から離れ,80年にはウィーン大学正教授も罷免された。…

※「独墺学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

独墺学派の関連キーワードボルツァーノ先駆者ツァースフォルツァンドシェルツァーの伝達関数ピッツァーの式メルツァーの法則ブレンナー[峠]フラカンツァーノ,F.ボルツァーノ=ワイヤーシュトラスの定理

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone