コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立国家共同体人権条約 どくりつこっかきょうどうたいじんけんじょうやく Commonwealth of Independent States(CIS) Convention on Human Rights and Fundamental Freedoms

1件 の用語解説(独立国家共同体人権条約の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

独立国家共同体人権条約

ソ連邦解体後に成立した独立国家共同体(CIS)加盟国は、欧州安保協力機構(OSCE)の体制の中で人権に関する国際的義務を負ったが、1995年5月26日にミンスク(ベラルーシ)で、独自の人権及び基本的自由の尊重に関する条約を締結した。条約は世界人権宣言国際人権規約にも言及しており、同規約や欧州人権条約に内容は近似している。しかし、家族に対する援助、女性労働者、社会保障を要する者、心身障害者職業訓練を必要とする者に対する締約国の援助義務を定めるほか、少数民族の権利を規定している点に特色がある。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

独立国家共同体人権条約の関連キーワードCISドイツ連邦都市国家プラウダヨーロッパ共同体独立国家共同体ユーラシア経済共同体南米国家共同体ソ連崩壊独立国家共同体(CIS)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone