コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独立国家共同体人権条約 どくりつこっかきょうどうたいじんけんじょうやくCommonwealth of Independent States(CIS) Convention on Human Rights and Fundamental Freedoms

知恵蔵の解説

独立国家共同体人権条約

ソ連邦解体後に成立した独立国家共同体(CIS)加盟国は、欧州安保協力機構(OSCE)の体制の中で人権に関する国際的義務を負ったが、1995年5月26日にミンスク(ベラルーシ)で、独自の人権及び基本的自由の尊重に関する条約を締結した。条約は世界人権宣言国際人権規約にも言及しており、同規約や欧州人権条約に内容は近似している。しかし、家族に対する援助、女性労働者、社会保障を要する者、心身障害者職業訓練を必要とする者に対する締約国の援助義務を定めるほか、少数民族の権利を規定している点に特色がある。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android