狭穂彦・狭穂姫(読み)さほびこさほびめ

世界大百科事典 第2版の解説

さほびこさほびめ【狭穂彦・狭穂姫】

記紀の垂仁朝の物語に登場する兄妹。《古事記》では沙本毘古・沙本毘売と記す。同書の開化天皇条では,開化天皇の皇子日子坐(ひこいます)王と沙本之大闇見戸売(さほのおおくらみとめ)のあいだの子とされる。王位簒奪を企てたサホビコは,11代とされる垂仁天皇となっていた妹サホビメに,謀叛担して天皇を殺すようそそのかす。兄と夫の板ばさみになったサホビメは,いったんは天皇を殺そうとするが果たせず,企ては露見する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android