コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪子吉人 いのこ きちんど

2件 の用語解説(猪子吉人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪子吉人 いのこ-きちんど

1866-1893 明治時代の薬学者。
慶応2年2月12日生まれ。猪子止戈之助(しかのすけ)の弟。明治22年母校帝国大学助教授となる。毒キノコ,フグ毒,漢方薬などを研究。ドイツ留学中の明治26年9月2日ベルリンで病死。28歳。摂津神戸出身。名は「よしと」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

猪子吉人

没年:1893.9.20(1893.9.20)
生年:慶応2.2.12(1866.3.28)
明治時代の薬理学者。豊岡藩(兵庫県)藩士猪子清の次男。明治20(1887)年帝大医科大学卒,同22年助教授。西洋の学者の後塵を拝すことをよしとせず,天産資源を研究材料とする際にも日本産毒(キノコ毒,フグ毒),和漢薬を対象とした。欧文も含めて論文50編近くを発表。ヨーロッパで知られていない東洋産薬物の薬理を紹介して海外でも注目されたが,ドイツ留学中にベルリンで腸チフスにより客死,28歳の短い生涯を終えた。長兄の止戈之助は外科学者として京都府立医学校長,京都帝大医科大学教授を歴任した。<参考文献>『中外医事新報』328号

(宗田一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猪子吉人の関連キーワード薬理学吉村寅太郎阿部勝馬浦口健二岡田正弘神矢粛一京極高厚熊谷洋高階幸造藤谷功彦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone