コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫騒動物 ねこそうどうもの

世界大百科事典 第2版の解説

ねこそうどうもの【猫騒動物】

人形浄瑠璃,歌舞伎狂言の一系統。お家騒動にからめて怪猫のたたりを描くものが多い。古くは1740年(元文5)4月大坂竹本座初演,文耕堂,千前軒,三好松洛ら合作の人形浄瑠璃《今川本領猫魔館(いまがわほんりようねこまたやかた)》があり,今川家のお家騒動に怪猫を配している。歌舞伎では1827年(文政10)6月江戸河原崎座,4世鶴屋南北作《独道中五十三駅(ひとりたびごじゆうさんつぎ)》が有名。十二単衣を着た怪猫が,行灯の油をなめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

猫騒動物の関連キーワード鍋島騒動

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android