コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫騒動物 ねこそうどうもの

1件 の用語解説(猫騒動物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ねこそうどうもの【猫騒動物】

人形浄瑠璃,歌舞伎狂言の一系統。お家騒動にからめて怪猫のたたりを描くものが多い。古くは1740年(元文5)4月大坂竹本座初演,文耕堂,千前軒,三好松洛ら合作の人形浄瑠璃《今川本領猫魔館(いまがわほんりようねこまたやかた)》があり,今川家のお家騒動に怪猫を配している。歌舞伎では1827年(文政10)6月江戸河原崎座,4世鶴屋南北作《独道中五十三駅(ひとりたびごじゆうさんつぎ)》が有名。十二単衣を着た怪猫が,行灯の油をなめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

猫騒動物の関連キーワード実録物隅田川物操り狂言御家狂言書替狂言義太夫狂言狂言浄瑠璃佐倉義民伝浄瑠璃狂言本行物

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone