コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿頬 サルボオ

デジタル大辞泉の解説

さる‐ぼお〔‐ぼほ〕【猿頬】

猿が食物を頬に詰め込んでたくわえるところ。ニホンザルヒヒなどにある。ほおぶくろ。
武具の一。鉄面(かなめん)の一種で、頬とあごを覆い、顔を保護するもの。
サルボオガイの別名。
江戸で、片手桶のこと。くみ出し桶。
「夏は―をつけて随意(きまま)に汲ませる」〈滑・浮世風呂・四〉
(猿のようにばかげたやつの意で)人をののしったりするときに言う語。
「世間の奴を―と、眺めて見んと思ひつつ」〈黄・雁取帳〉
猿頬面」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone