コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿頬 サルボオ

1件 の用語解説(猿頬の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さる‐ぼお〔‐ぼほ〕【猿頬】

猿が食物を頬に詰め込んでたくわえるところ。ニホンザルヒヒなどにある。ほおぶくろ。
武具の一。鉄面(かなめん)の一種で、頬とあごを覆い、顔を保護するもの。
サルボオガイの別名。
江戸で、片手桶のこと。くみ出し桶。
「夏は―をつけて随意(きまま)に汲ませる」〈滑・浮世風呂・四〉
(猿のようにばかげたやつの意で)人をののしったりするときに言う語。
「世間の奴を―と、眺めて見んと思ひつつ」〈黄・雁取帳〉
猿頬面」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猿頬の関連キーワードきゅうきゅうぎゅうぎゅう銜え指をくわえる蓄ふ蓄え詰物髭を貯える食物史

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone