コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狒狒 ヒヒ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ひ【××狒】

オナガザル科のうち、ヒヒ属とゲラダヒヒ属の哺乳類の総称。鼻口部が突出した独特の顔つきをし、雄は雌よりもがっしりしていて大きい。アフリカ・アラビアに、マントヒヒドグエラヒヒマンドリルゲラダヒヒなどが知られる。
年のいった好色な男をののしっていう語。「狒狒おやじ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひひ【狒狒】

霊長目オナガザル科ヒヒ属とゲラダヒヒ属の哺乳類の総称。大形で地上性・雑食性のサル類。鼻口部は突出し、雄は強大な犬歯をもつ。サハラ以南のアフリカおよびアラビア半島南部に分布する。ギニアヒヒ・マントヒヒ・マンドリルなど。
好色な中年以上の男をののしっていう語。 「 -おやじ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狒狒の関連キーワード岩見重太郎光前寺

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android