コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本猿(読み)ニホンザル

デジタル大辞泉の解説

にほん‐ざる【日本猿】

オナガザル科の哺乳類。世界で最も北にすむ。日本特産で、青森県下北半島から鹿児島県屋久島まで分布体長約60センチ、尾長約10センチ。毛は長く、顔としりの裸出部は赤色で、秋から冬にかけて赤みが増す。20~80頭くらいの群れをつくり、統率のとれた社会構造を示す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にほんざる【日本猿】

オナガザル科のサル。頭胴長約60センチメートル。体は暗褐色の長い毛におおわれるが、顔と尻は裸出して赤色、尾は短い。頰ほおには食物を一時納める袋がある。植物を中心とした雑食性。三〇~一五〇頭で群棲ぐんせいする。群れは秩序だった優劣関係から成り、一頭のリーダー(ボス猿)がいる。日本特産種で青森県北部から屋久島まで分布。山林に生息する。にっぽんざる。ましら。やえん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android