獅子猿(読み)ししざる

精選版 日本国語大辞典「獅子猿」の解説

しし‐ざる【獅子猿】

〘名〙 キヌザル科の小形のサル。体長約三〇センチメートル、尾長約四〇センチメートル。頭とくびに獅子に似た長毛のたてがみがある。体毛は長く、絹状で光沢に富み、赤みのある金黄色。爪を用いて木に登る。尾は物に巻きつけない。ブラジルからパナマにかけての森林に分布。愛玩用とされる。ライオンタマリン。ライオンマーモセット。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「獅子猿」の解説

しし‐ざる【×獅子猿】

ライオンタマリンの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android