獣帯(読み)じゅうたい(英語表記)zodiac

翻訳|zodiac

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐たい ジウ‥【獣帯】

〘名〙 黄道の南北にそれぞれ約八度ずつとった帯状の部分。太陽・月および主な惑星はこの中を運行する。黄道帯。全周が黄道十二宮に分けられる。
※遠西観象図説(1823)上「獣帯、ヂーレン・リーム、年圏の別名」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の獣帯の言及

【黄道十二宮】より

…前2100年ころの楔形文字板に黄道十二宮の痕跡があり,はじめはバビロニア天文学において使用され,前800年以後ギリシアに伝えられたとされている。宮のほとんどが動物名で表され,その名称がそのまま星座名にもなったが,黄道帯はギリシア語ではもともと動物を意味し,したがって獣帯ともよばれた。この黄道帯の12宮は,太陽,月,惑星の位置を示すために用いられたが,たとえば太陽はひと月に一宮ずつ移動する。…

※「獣帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報