コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄道帯 コウドウタイ

デジタル大辞泉の解説

こうどう‐たい〔クワウダウ‐〕【黄道帯】

黄道を挟んで南北各8度ずつ、幅16度の帯。太陽、月、主な惑星はこの中を動く。黄道十二宮に相当する黄道十二星座があり、動物名の星座が多いため、獣帯とも呼ばれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうどうたい【黄道帯】

黄道にそって南北に約8度ずつの幅の帯域。太陽・月・惑星はこの域内を運行する。おひつじ・おうし・ふたご・かに・しし・おとめ・てんびん・さそり・いて・やぎ・みずがめ・うおの一二の星座の他に、へびつかい座がある。獣帯。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の黄道帯の言及

【黄道十二宮】より

…前2100年ころの楔形文字板に黄道十二宮の痕跡があり,はじめはバビロニア天文学において使用され,前800年以後ギリシアに伝えられたとされている。宮のほとんどが動物名で表され,その名称がそのまま星座名にもなったが,黄道帯はギリシア語ではもともと動物を意味し,したがって獣帯ともよばれた。この黄道帯の12宮は,太陽,月,惑星の位置を示すために用いられたが,たとえば太陽はひと月に一宮ずつ移動する。…

※「黄道帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄道帯の関連キーワードトレミー星座ゾディアックへびつかい座世界の国旗デンデラてんびんふたごしし域内帯域

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android