獲得的動因(読み)かくとくてきどういん(英語表記)acquired drive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

獲得的動因
かくとくてきどういん
acquired drive

心理学用語。生体行動を起させる内部的原因で,生得的でなく,経験によりつくられるもの。たとえば,ある場面でたびたび生得的に苦痛を生じさせる刺激を受けると,そこにおかれただけで恐怖が起り,その恐怖が内部的原因となって行動が起されるようになるが,この際の,場面ないしその一部分をきっかけとして生じる恐怖のこと。また,コインを使って食物を得て飢餓を満たすという経験をたび重ねるうちに,直接食物へではなく,手段であるコインへの期待がつくられ,その期待が内部的原因となって行動が起されるようになるが,この際の,以前は手段的対象であったものへの期待のこと。2次的動因ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android