玄上・玄象(読み)けんじょう

  • けんじょう ケンジャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

(「げんじょう」「げんしょう」とも)
[一] 琵琶の名器。九世紀中頃、遣唐留学生藤原貞敏が琵琶博士簾承武から譲り受けて帰朝し、以後歴代天皇の御物となったが、今は伝わらない。これにまつわる奇跡的伝説が多い。
※枕(10C終)九三「御前にさぶらふものは、御琴も御笛も、みなめづらしき名つきてぞある。玄しゃう、牧馬(ぼくば)、井手(ゐで)、渭橋(ゐけう)、無名など」
[二] 謡曲。五番目物。各流。観世流では玄象、他流では絃上。金剛彌五郎作といわれる。琵琶の名人藤原師長(もろなが)が、中国に渡って琵琶の奥儀を学ぼうと考えている所へ、村上天皇と梨壺女御の霊が老夫婦の姿で現われ、琵琶と琴の名技を聞かせるので師長は渡唐を断念する。やがて老翁は村上天皇の姿を現わし琵琶の名器獅子丸を与える。曲中に玄象・青山の両名器の名が出てくる。
[補注]((一)について) 名称の由来は、玄上宰相の献上によるとも、撥面に黒象の描かれていたことによるともいう(「江談抄‐三」「十訓抄‐一〇」)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android