コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絃上/玄象 ケンジョウ

3件 の用語解説(絃上/玄象の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんじょう【絃上/玄象】[謡曲]

《「げんじょう」とも》謡曲。五番目物。唐へ渡ろうとした琵琶の名人藤原師長(ふじわらのもろなが)の前に、村上天皇と梨壺女御(なしつぼのにょうご)の霊が現れて名演奏を聞かせ、名器獅子丸(ししまる)を与える。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けんじょう【絃上】

能の曲名。観世流は《玄象》とも書く。五番目物。河上神主作という。シテは村上天皇の霊。琵琶の名手藤原師長(もろなが)(ツレ)は,渡唐の志を立てて都を出て,須磨の浦で潮汲みの家に泊まる。その家の老人(前ジテ)から所望されて琵琶を弾いていると雨になる。老人が苫(とま)を取り出して屋根に上げるので不審がると,老人は,こうして琵琶の音と雨の音を調和させたのだと説明する。皆が驚いて琵琶を与えると,老人はすばらしい演奏を聞かせる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絃上
げんじょう

能の曲目。五番目物。五流現行曲。観世(かんぜ)流は『玄象(げんじょう)』と表記する。作者不明。琵琶(びわ)の名手藤原師長(もろなが)(ツレ)が奥義を求め渡唐を志す。従者(ワキ)とともに須磨(すま)の浦で宿を借りるが、老人夫婦(前シテ、前ツレ)が奏する『越天楽(えてんらく)』に驚く。老人は琵琶の名器「絃上」の持ち主であった村上(むらかみ)天皇、琴の上手な姥(うば)は梨壺(なしつぼ)の女御(にょうご)の霊であった。慢心を恥じ入唐(にっとう)を思いとどまった師長の前に、ありし日の優姿を現した村上天皇(後シテ)は、中国から渡来する途中、竜宮にとられた名器「獅子丸(ししまる)」を竜神(後ツレ)に命じて持参させて師長へ与え、自身は秘曲を舞う。音楽を主題とし、海を背景とする雄大な能。「玄象」の名は『枕草子(まくらのそうし)』以来、琵琶の霊異の名器であることが、『平家物語』『徒然草(つれづれぐさ)』に至る数々の古典に語られている。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の絃上/玄象の言及

【富士太鼓】より

…なお,曲中,〈越天楽を舞はうよ……〉のあとに,〈越天楽歌物(うたいもの)〉の歌が含まれる。これは,(1)の続編ともいうべき能《梅枝(うめがえ)》や《絵馬》《絃上》中にも取り入れられるほか,能から出た地歌《梅が枝》の中や,箏組歌《梅が枝》にもとられている。【平野 健次】。…

※「絃上/玄象」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

絃上/玄象の関連キーワード観世流納曾利梅若万三郎観世観世座観世大夫観世元重五番目物囃子方蘆刈

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone