コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絃上/玄象 ケンジョウ

デジタル大辞泉の解説

けんじょう【絃上/玄象】[謡曲]

《「げんじょう」とも》謡曲。五番目物。唐へ渡ろうとした琵琶の名人藤原師長(ふじわらのもろなが)の前に、村上天皇と梨壺女御(なしつぼのにょうご)の霊が現れて名演奏を聞かせ、名器獅子丸(ししまる)を与える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんじょう【絃上】

能の曲名。観世流は《玄象》とも書く。五番目物。河上神主作という。シテは村上天皇の霊。琵琶の名手藤原師長(もろなが)(ツレ)は,渡唐の志を立てて都を出て,須磨の浦で潮汲みの家に泊まる。その家の老人(前ジテ)から所望されて琵琶を弾いていると雨になる。老人が苫(とま)を取り出して屋根に上げるので不審がると,老人は,こうして琵琶の音と雨の音を調和させたのだと説明する。皆が驚いて琵琶を与えると,老人はすばらしい演奏を聞かせる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絃上
げんじょう

能の曲目。五番目物。五流現行曲。観世(かんぜ)流は『玄象(げんじょう)』と表記する。作者不明。琵琶(びわ)の名手藤原師長(もろなが)(ツレ)が奥義を求め渡唐を志す。従者(ワキ)とともに須磨(すま)の浦で宿を借りるが、老人夫婦(前シテ、前ツレ)が奏する『越天楽(えてんらく)』に驚く。老人は琵琶の名器「絃上」の持ち主であった村上(むらかみ)天皇、琴の上手な姥(うば)は梨壺(なしつぼ)の女御(にょうご)の霊であった。慢心を恥じ入唐(にっとう)を思いとどまった師長の前に、ありし日の優姿を現した村上天皇(後シテ)は、中国から渡来する途中、竜宮にとられた名器「獅子丸(ししまる)」を竜神(後ツレ)に命じて持参させて師長へ与え、自身は秘曲を舞う。音楽を主題とし、海を背景とする雄大な能。「玄象」の名は『枕草子(まくらのそうし)』以来、琵琶の霊異の名器であることが、『平家物語』『徒然草(つれづれぐさ)』に至る数々の古典に語られている。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の絃上/玄象の言及

【富士太鼓】より

…なお,曲中,〈越天楽を舞はうよ……〉のあとに,〈越天楽歌物(うたいもの)〉の歌が含まれる。これは,(1)の続編ともいうべき能《梅枝(うめがえ)》や《絵馬》《絃上》中にも取り入れられるほか,能から出た地歌《梅が枝》の中や,箏組歌《梅が枝》にもとられている。【平野 健次】。…

※「絃上/玄象」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

絃上/玄象の関連キーワード能現行曲一覧梅若 恭行増田正造ばらり