コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄鎮健 げんちんけんHyǒn Chingǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玄鎮健
げんちんけん
Hyǒn Chingǒn

[生]光武4(1900).8.9. 大邱
[没]1943.4.5. ソウル
朝鮮の小説家。号,憑虚。東京の成城中学校を経て,上海の滬江大学ドイツ語学部卒業。 1920年『開闢』誌に短編『犠牲花』を発表してデビュー。 21年『貧妻』『酒を勧める社会』などを同誌に発表して文名をあげ,その後,短編『堕落者』『ピアノ』『祖母の死』『運のいい日』『B舎監とラブレター』『火』『私立精神病院長』などを発表。朝鮮のリアリズム文学を開拓した近代朝鮮の代表的短編作家の一人である。ほかに長編『無影塔』 (1938) ,『赤道』 (39) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

玄鎮健の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ内閣総理大臣

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android