玉を懐いて罪あり(読み)たまをいだいてつみあり

精選版 日本国語大辞典の解説

たま【玉】 を 懐(いだ)いて罪(つみ)あり

(「春秋左伝‐桓公一〇年」の「初虞叔有玉。虞公求旃。弗献。既而悔之曰、周諺有之、匹夫無罪、懐璧其罪。吾焉用此、其以賈害也。乃献之」による) 不相応のものを持ったり、不相応のことをしたりすると、とかくわざわいを招きやすいことをたとえていう。匹夫罪なし璧を懐いて罪あり。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「玉を抱いて罪ありと云ふ古語があるさうだが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android