コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小人罪無し玉を懐いて罪有り ショウジンツミナシタマヲイダイテツミアリ

デジタル大辞泉の解説

小人(しょうじん)罪(つみ)無(な)し玉(たま)を懐(いだ)いて罪(つみ)有(あ)り

《「春秋左伝」桓公一〇年から》つまらない人間でも、本来のままなら罪を犯すことはないのに、身分不相応の財宝を持つと罪を犯すようになる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじんつみなしたまをいだいてつみあり【小人罪無し玉を懐いて罪有り】

〔左氏伝 桓公十年
小人であっても最初から罪を犯すものではなく、分不相応な宝を持つと、罪を犯すようになるものだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小人罪無し玉を懐いて罪有りの関連キーワード左氏伝小人