玉之浦湾(読み)たまのうらわん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉之浦湾
たまのうらわん

長崎県五島(ごとう)列島福江(ふくえ)島の南西部にある湾。溺(おぼ)れ谷で古くから玉之浦七浦とよばれ、沿岸80キロメートルに及ぶリアス式海岸で、その景観は西海(さいかい)国立公園中の一偉観を展開している。湾の西側には架橋された島山(しまやま)島が横たわり、湾内は波静かで、明治期には延縄(はえなわ)漁業、大正・昭和期には以西底引網漁業の基地として利用されたが、現在では真珠やエビ、タイ、ハマチなどの養殖漁場としての利用がある。湾の北部には荒川温泉を伴う荒川港があり、南東部に中須(なかす)、西岸に玉之浦の主邑(しゅゆう)があり、荒川―玉之浦間には定期船、南岸には国道384号が通じている。南岸の御岳(みたけ)には白鳥神社があり、この湾を望む展望台がある。沿岸には江戸時代からのキリシタン集落があり、井持浦(いもちうら)教会には、フランスの聖地ルルドを模した霊泉ルルドの洞窟(どうくつ)がある。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の玉之浦湾の言及

【玉之浦[町]】より

…五島列島福江島の南西端に位置する。西は東シナ海に面し,町域中央西寄りには沈降による典型的な溺れ谷の玉之浦湾を抱く。湾口に島山島(最高点236m)がある。…

※「玉之浦湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉之浦湾の関連情報