コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉依日売 たまよりひめ

1件 の用語解説(玉依日売の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉依日売 たまよりひめ

「山城国風土記」逸文にみえる女神。
賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)の娘。石川の瀬見(せみ)の小川で川遊びをしているときに,火雷神(ほのいかずちのかみ)の化身である丹塗矢(にぬりや)をひろったため,妊娠して賀茂別雷命(かもわけいかずちのみこと)を生む。父とともに京都市の賀茂御祖(みおや)神社(下鴨神社)にまつられている。玉依姫ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

玉依日売の関連キーワード出雲国風土記古風土記玉依姫播磨風土記肥前風土記常陸風土記豊後風土記火雷神天日別命伊勢津彦

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone