コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉峰寺 ぎょくほうじ

1件 の用語解説(玉峰寺の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ぎょくほうじ【玉峰寺】

中国の雲南省西北部、麗江(リージャン)市の北15km、玉龍雪山(玉峰)の麓にあるラマ教寺院で、麗江の五大ラマ廟(びょう)の一つ。創建は清朝の康煕(こうき)年間の1661年。漢族、ペー族、チベット族の様式をあわせ持った伽藍(がらん)を持つ、比較的規模の小さな寺院である。また、この寺院は、境内に椿、銀杏などの古木があることでも知られている。とりわけ、「万朶花茶」と呼ばれる椿の枯木は有名で、「環球第一樹(世界で一番の木)」、あるいは「雲嶺第一枝」(雲南の山々で一番の枝)とも形容されている。毎年2~3月には、2~3万本の椿の花で彩られる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉峰寺の関連キーワードサージャント一荘ジージャンジャンボリージャン荘ジャン卓麗江麗江古城スリージャンプ麗江旧市街

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone