コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉峰寺 ぎょくほうじ

世界の観光地名がわかる事典の解説

ぎょくほうじ【玉峰寺】

中国の雲南省西北部、麗江(リージャン)市の北15km、玉龍雪山(玉峰)の麓にあるラマ教寺院で、麗江の五大ラマ廟(びょう)の一つ。創建は清朝の康煕(こうき)年間の1661年。漢族、ペー族、チベット族の様式をあわせ持った伽藍(がらん)を持つ、比較的規模の小さな寺院である。また、この寺院は、境内に椿、銀杏などの古木があることでも知られている。とりわけ、「万朶花茶」と呼ばれる椿の枯木は有名で、「環球第一樹(世界で一番の木)」、あるいは「雲嶺第一枝」(雲南の山々で一番の枝)とも形容されている。毎年2~3月には、2~3万本の椿の花で彩られる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

玉峰寺の関連キーワードチベット族清朝漢族

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android