玉木彦助(読み)たまき ひこすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉木彦助 たまき-ひこすけ

1841-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)12年5月17日生まれ。玉木文之進の長男。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。父および従兄の吉田松陰にまなび,江戸にでて諸藩尊攘(そんじょう)派とまじわる。元治(げんじ)元年御楯(みたて)隊にはいって藩内保守派とたたかい,2年1月21日戦死。25歳。名は正弘。字(あざな)は毅甫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android