玉木文之進(読み)たまき ぶんのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉木文之進 たまき-ぶんのしん

1810-1876 江戸時代後期の武士。
文化7年9月24日生まれ。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩士松下村塾をひらき,甥の吉田松陰杉民治(みんじ),宍戸璣(ししど-たまき)らをおしえる。藩校明倫館塾頭,代官,郡奉行などをつとめた。萩の乱に一族や門弟が関係した責任をとり,明治9年11月6日自刃(じじん)。67歳。本姓は杉。名は正一,のち正韞。字(あざな)は蔵甫。号は韓峰,玉韞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たまきぶんのしん【玉木文之進】

1810‐76(文化7‐明治9)
松下村塾の創立者。長州藩士杉常徳の三男で,吉田松陰の叔父に当たる。同藩士玉木正路の養子となり,30代の初めに松下村塾を開いて松陰や杉民治らを教育した。時期が異なるが乃木希典(まれすけ)を寄寓させたこともある。明倫館の都講や諸郡の代官,また郡奉行なども務めた。明治維新後,行政の第一線を退いて松下村塾を再興したが,弟子数人が前原一誠の萩の乱に加わったことの責任を感じて切腹した。【松浦 玲】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たまきぶんのしん【玉木文之進】

1810~1876) 幕末期の長州藩士。吉田松陰の父杉百合之助の弟。松下村塾を開き松陰らを教育。1869年(明治2)塾を再開したが萩の乱に門下生多数が参戦、責任をとって自刃。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉木文之進
たまきぶんのしん
(1810―1876)

長州藩士。杉七兵衛の三男で、のち玉木家を継いだ。吉田松陰(しょういん)の父杉百合之助(ゆりのすけ)の弟。1842年(天保13)に松下村塾(しょうかそんじゅく)をおこし、吉田松陰、杉民治、宍戸(ししどたまき)らを教育した。その後、藩校明倫館の都講となり、さらに諸郡の代官を歴任して民政にも力を尽くした。隠居後、松下村塾を再興して教育に従事したが、76年(明治9)の前原一誠(いっせい)の乱に一族および子弟の加わったことに責任を感じて自刃した。[吉本一雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

玉木文之進 (たまきぶんのしん)

生年月日:1810年9月24日
江戸時代末期;明治時代の長州(萩)藩士
1876年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android