玉松一郎(読み)たままつ いちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉松一郎 たままつ-いちろう

1906-1963 昭和時代の漫才師。
明治39年2月生まれ。無声映画の楽士をへて,妻のミス・ワカナとコンビをくみ,昭和3年デビュー。早口のワカナに一方的にまくしたてられる漫才は人気をあつめ,上方夫婦漫才の原型といわれる。昭和38年5月30日死去。57歳。大阪出身。本名は河内山一二三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉松一郎の関連情報